働かないと価値がない

 働く事は自分の為

子供が巣立ち、気が付けば58歳、いつまでも働けると思い込んでいたが、現実は厳しい。

55歳で転職して働いた所は ビックリするくらい職員が辞めていく職場だった そうだよね 55歳を本採用で雇うところなんだからね

でもやりがいを見つけてしまった私は まだ働いている

自分のやりがいとそれが患者の為になっていると信じているから

若い頃から働いてきたが これほどまでに仕事に熱心になったのは

初めてだと思う 

働いていて楽しい、頼られている 患者さんが良くなっていくのを

肌で感じて居られる。

これからの自分のために働いていると実感する

体力的には厳しい職場、定年後は働けないと思う

そのためにも今のうちに転職しようと思い

転職活動をしたけど、現実は厳しい

行きたい職種は殆ど断られる。希望以外はから

来てほしいと誘われている。

定年まで今のところで働くか?給与は安くても 65歳まで働き続けるところで働くか?

まだ揺れてるうちに、どんどん職場から人が辞めていく

ついに辞めれなくなってしまった

経営者からは 夜勤が出来ないなら退職勧告されている

気に入らない人は要らないらしいわ。

自分なりに出来るところまで頑張っていくつもり。

58歳になる前に 仕事に行くこと以外にも目を向けてみようと思い始めて ブログを書いてみようと思ったのも最近。

書き続ける事は時間もかかり 目も疲れる

でも書くことで何かわかる事、変わることがあるかもしれないと思っている

気持ちの切り替えや考え方の整理をしてきた。

今回で「働らかないと価値がない」は終わろうと思う

今は自分で考え 自分の足で働いて動いているとわかる

自分軸で動くとは こんな事を言うんだと分かったような気がする

私は体が動かなくなっても 働くことが出来るように考えていこう

私の頭が働いているうちは 価値が無いなんて事は無いと思う 

私の価値は 働いてお金を稼ぐことだけでは無い

58年生きてきた それだけで意味がある事なんだ

誰からも認めてもらえなくても 自分さえわかっていればいい

過去の自分に言いたい 未来のあなたは自分の足で歩ているよ

作成者: maedasan

沖縄生まれ、結婚後北海道に移住し、20年生活。 老後は故郷で暮らしたいと沖縄に戻る 看護師歴25?年以上。いつまでも働く看護師を目指すよ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です